【ネタバレあり】時空物語のキャラ名とか地名とか、ゲーム設定について

先日のゆるいゲーム座談会にゲストとしてお邪魔した時に少し話題に上がったので、前作「時空物語」に登場するキャラ名やら地名やら、とにかくゲーム内の設定についての裏話をちょっとしようと思います。

話の性質上、どうしてもネタバレが含まれますので、ご覧になる方は気をつけてください。

時空物語、キャラ名について

まずキャラ名について、どうやって決めていったかを説明します。

キャラ名 決めた経緯
シグルド 北欧神話に登場する英雄の名前から。
ブリジット 何となく!
レベッカ 何となく、でも少し「どこでこわれたのOhフレンズ♪」かも?
イライザ 何となく!
ポーラ はいぱーぽりすっていうアニメの四大精霊使いの水のポーから。
オズワルド オズワルド・ザ・ラッキー・ラビットから。
フローラ 花のイメージ。
マリア 聖母のイメージ。
ジャンヌ フランスの国民的英雄、ジャンヌ・ダルクから。
ノブナガ 日本の大人気武将、織田信長から。
キチョウ 織田信長の正室、帰蝶から。
リンレイ 何となく獣人娘は中国語読みにしたかった。
ユナ 【超ネタバレ注意、反転してあります】アガサ・クリスティーのそして誰もいなくなった、ユナ・ナンシー・オーエンから。知られざる者、ぶっちゃけラスボス。
バルトス ダイの大冒険の不死騎団長ヒュンケルの父、地獄の騎士バルトスから。
魔王テスタロッサ 何となく!(ぉぃ)

とまぁこんな感じです。

誰もが知ってる英雄の名前やら、各地の神話やら、果ては開発者である私自身が好きだった作品やらがポロポロと出てくる感じですね。

日本のゲームってことで、英語やら日本語やら中国語やら、とにかく言語がごっちゃになっているのもまた特徴っちゃ特徴!

カタカナにすれば全部日本語だ!(#゚Д゚)ゴルァ!!

ちなみにイライザとユナは私の分身だったりもします。

イライザは後先考えずただただ前だけ向いている脳天気な研究バカ。

ユナは馴れ馴れしく接しつつも、実は周りとは少し距離を置いて、常にリスクを管理しながら最善の手を打とうとするある意味冷徹な人。

イライザは理想、ユナは現実って感じです。

どちらも私の分身なので、時空物語のイライザシナリオでは、2人は物の貸し借りをするぐらいには仲が良い感じの設定になってます。

時空物語、地名について

さくさく行っちゃいましょう。

地名 決めた経緯
ヴェール平原 フランス語で緑(ヴェール)、つまり緑の平原。
付近の森 付近にあるからね。
森の奥の洞窟 森の奥にあるからね。
プリミア山道 フランス語の最初(プルミエ)をもじったもの、つまり最初の山道。
マグマ火山 マグマだよ!
グラスバレー フランス語で氷、つまり氷の谷。
エリシュ湿地帯 フランス語で豊かな(リッシュ)をもじったもの、転じて肥沃な湿地帯。
ボント雪原 フランス語・・・にしたかったけどいまいちだったのでイタリア語の風(ヴェント)をもじったもの。
ディザー荒野 忘れた・・・!確か荒廃したとか何もないとか、そーいうやつだった気がする?
カルド砂漠 イタリア語で熱い(カルド)、つまり熱い砂漠。
森の奥の洞窟・深層 洞窟のさらに奥!
シエル湖 フランス語で空(シエル)、つまり空の湖。
リュミエール宮殿 フランス語で光(リュミエール)、つまり光の宮殿。
ソブル遺跡 スペイン語の闇(ソンブラ)をもじったもの、つまり闇の遺跡。
魔界への扉 そのままだね。
魔王城 やっぱりそのまま。
終わりと始まりの境界 別々の世界のちょうど境目に存在する空間、って感じ。
国名 決めた経緯
アレス王国 戦神が治めた国、ということでギリシャ神話に登場する戦の神アレスから。
ドラグシール王国 北欧神話に登場するユグドラシルをもじったもの。

一部、完全にド忘れしましたね・・・。

でもまぁとりあえず、その土地をイメージしやすい単語を適当に他の国の言葉に変えているだけです(笑)

それだけであら不思議、日本のRPGっぽい地名の出来上がりです!∠( ゚д゚)/

時空物語、アイテム名について

これは全部紹介しているとキリが無いので、私が個人的に会心の一撃だなと思うアイテムの名前にについてご紹介したいと思います。

  • 魔剣カリヌルブス
    →カリヌルブスってのは、聖剣エクスカリバーの別名(諸説あるようですが)だったりします。聖剣を魔剣に・・・ってあたりがニヤっとできるポイント。
  • ハーヴェスト
    →首狩り鎌ですね。サンホラの第4の地平線Elysionの中の1曲からイメージしてます。
  • オレカルコスの細剣
    →オリハルコンだとありふれ過ぎてるかなと。なのでオレイカルコスの方を採用。そして文字数制限のためオレカルコスに(笑)
  • 雪花月欠
    →雪も花も忍者の身を隠す術になりますが、月だけはどうにもなりません。なのでこの名前。読み方は「せっかつきかけ」。

とまぁ、この辺りは程よく中二的要素が入ってるため、考えてて気持ち良かったですね!

いかがでしたか?

さて今回は、ゲーム内設定の一部を何故そういう設定にしたのか、そういう名前にしたのかを紹介してきました。

案外何も考えてないというのがバレてしまったかと思いますが、所詮1人で作っているゲームですので仕方ありません!(#゚Д゚)ユルシテェ!!

と言うか、1人で全部考えるのって相当エネルギーを使うんです、勘弁してやってください・・・(笑)

ちなみに、時空物語ではネーミングの際に以下の書籍を利用しました。


>> 幻想世界11ヵ国語ネーミング辞典

もしこれから何かを創り出そうと考えているのなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ