Firefox OS シミュレーターのインストールと起動方法

Firefoxと言えばWebブラウザが有名ですが、少し前からiPhoneやAndroidのような携帯(モバイル)端末をメインターゲットとしたFirefox OSの存在が囁かれていました。

技術者の端くれとして何となくその動向を気にしてはいたのですが、Firefox Webブラウザさえあれば手軽にFirefox OSのシミュレーターを操作できるということが分かったので今回触ってみました。

インストールから起動、終了まで

Firefox Webブラウザのインストール。

シミュレーターはFirefoxのアドオン(追加機能)として動作するため、まずはMozilla japan公式ページからFirefoxブラウザをダウンロード/インストールしておきましょう。

>> Mozilla Japan 公式ページ
firefox公式

すでにインストール済の方は飛ばして次へ進んでください。

シミュレーターアドオンの追加。

そしてFirefoxブラウザで以下のアドオン追加ページを開き、Firefox OS Simulatorを追加します。

>> Firefox OS Simulator アドオン追加ページ
firefoxシミュレーターアドオンインストールページ

この時、処理に時間がかかって警告メッセージが表示されるかもしれませんが、焦らずに「続行」を選択してください。

そして起動。

インストールが終わると、以下のようなダッシュボード画面が表示されるので、画面左側に表示されている「Simulator : Stopped」のスイッチをワンクリックします。

firefoxシミュレーターダッシュボード画面

すると別ウインドウでシミュレーターが起動します。操作方法はiPhoneやAndroidに慣れている方であれば苦もなく行える、直感的なものとなっています。

firefoxシミュレーター画面1

終了したい時、再度起動したい時。

終了する時は普通のウインドウと同じように、ウインドウ上部に表示されている「閉じる」ボタンを押せばシミュレーターが終了します。

また、再度起動させたい時はFirefoxブラウザのツールバーから[ツール] → [Web 開発] → [Firefox OS Simulator]を選択すれば、ダッシュボード画面が表示されるのでそこから再起動ができます。

ざっくり触れてみて。

何となくですが、初期の頃のAndroid 1.5 (Cupcake)に触れた時と同じ感覚を覚えました。

そのAndroidも最近はスマートフォンに慣れてきたというか、iPhoneに負けないぐらいのユーザーインターフェースになってきたなと思うのですが、Firefox OSはさすがにまだ発展途上という感じがします。

細かい点は感覚としか言えないのですが、例えばアプリのアイコンや設定画面の文字フォントなどを見ても、何となく少し固いのかなぁ・・・なんて思ってしまいます。

※アプリドック画面
firefoxシミュレーター画面2

ただ、日本ではKDDI(au)が、そして海外でも実に多くのモバイルベンダーがMozilla Firefox OSのパートナーとして名乗りを上げています。

Firefox OSもオープン系のプロジェクトであるようなので、こういった実績のあるベンダーらの協力によって洗練されたインターフェースが作り上げられて行くのかもしれません。

そう考えると、今から少し楽しみでもありますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ